バイアグラを病気の方でも安心して活用する

勃起不全と糖尿病の関係

勃起不全は、糖尿病が原因の場合もあります。
最近、成人病に悩む人が増えていることから、これが、勃起不全に悩む人の増加にもつながっているのかもしれません。
勃起不全と糖尿病は密接に関係があり、糖尿病で血糖値の高い状態が続くと、血管が詰まりやすくなり血流を悪化させ、これがペニスへの血液の流れ込みも邪魔し、勃起不全になりやすくなるのです。
糖尿病患者の3〜6割くらいが、勃起不全に陥る可能性があるとされています。
では、糖尿病が原因の勃起不全の場合、バイアグラを服用しても構わないのでしょうか?
糖尿病でも症状がやや深刻で、動脈硬化や狭心症、心臓血管障害などを併発している場合、硝酸系の薬が処方されることもあります。
この場合、バイアグラは服用できないことになっています。
場合によっては命に関わる恐れもあることから、併用禁忌薬となっています。
ただ、勃起不全が糖尿病による梢神経の障害(脳からの指令が伝わりにくくなる症状)が原因の場合は、バイアグラで改善されることもあります。
この場合は、約半数の人が勃起不全の改善効果が見られたそうです。
ただし、糖尿病の人の服用は必ず医師と相談してからにすることです。
医師と相談せずに服用したことによる事故の例も報告されています。
ですから、ED治療薬を購入する場合は医師の指示に従い医師に処方してもらうかバイアグラ個人輸入サイトで購入することで入手できます。
ED治療薬については→バイアグラのMED-ZONEで紹介しています。

糖尿病の薬とバイアグラの併用は?

糖尿病のため、薬物療法と並行してバイアグラを服用したところ、勃起不全が解消され、副作用もなかった、というケースもあります。
糖尿病の薬としては、ジャヌビアやスイニーなどが主に2型糖尿病に使われる治療薬ですが、バイアグラとの併用は問題ないとされています。
また、降圧剤との併用も問題ないようですが、降圧剤との併用で降圧効果が上がることから、起立性低血圧、いわゆる立ちくらみなどに注意が必要となります。
椅子から立ち上がる際、ゆっくり立ち上がるようにする、などの心がけが必要となるようです。
いずれにしろ、他の薬と併用する場合、必ず医師の指示に従って服用することです。
バイアグラは心臓に負担がかかると言われますが、大きな負担がかかるものではありません。
狭心症や不整脈など、慢性的な心臓の疾患がない限り、服用には問題ないとされています。
建物の3階まで階段で昇っても息切れしないか、満員電車でずっと立ったままでいられるか、などを確かめれば、服用には問題ないでしょう。
最近の研究では、 バイアグラは2型糖尿病患者の血管内皮機能障害を回復させる働きもあることが判明しています。
糖尿病による動脈硬化の初期状態を改善させる可能性もある、というわけです。
また、その他のED薬であるシアリス・レビトラの正規品やジェネリックの場合は医師の診断の結果、服用を認められた場合のみに服用が認められます。
認められたなら、クリニックで処方してもらうか、インターネットでシアリス 通販サイトを探して購入してみるのも良いでしょう。

勃起不全を根本的に改善する

糖尿病による勃起不全を改善するためには、薬による治療だけでなく、生活習慣の改善、ストレスの解消など、根本的な原因を取り除くことも大事です。
バランスの良い食事を摂り、適度な運動を心がけること、十分な睡眠、休息をとること、酒・タバコを控えること、など、生活習慣を改善させることが第一です。
糖尿病の治療は時間がかかりますが、 長期間かけて治すことを念頭に置き、これからどうするかじっくり計画を立てることも大事です。
少しずつでも勃起能力が回復してくると、自信回復にもつながります。
一人で悩まず、身近なところで相談相手を探し、適切なアドバイスも得ることです。
勃起不全を解消するのに、サプリメントの摂取も良いでしょう。
勃起不全が期待できるものとしては、フォスファチジルセリン、チロシン、イチョウ葉、ビタミンE、ビタミンB1、B12、ナイアシン、コエンザイムQ10、バントテン酸、葉酸、ビオチン、イノシトール、カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、セレンなどがあります。
他の薬と併用する場合、医師と相談してから摂取するようにして、信頼できるメーカーのものを選ぶことです。

ED治療薬にはシアリやレビトラそしてバイアグラがあります。
バイアグラ・レビトラ・シアリスやジェネリックを通販で購入する前に、それぞれの効果を確認してから購入しましょう。
また、バイアグラジェネリックは正規品と同成分・同効果では、様々な情報を確認することができますので参考にすると良いでしょう。