女性用バイアグラの効果や飲み方の紹介

女性の性障害とは

女性の性障害で最も代表的なものは「不感症」と呼ばれる障害です。不感症とは読んで字のごとく、性行為に快感を得ることができない状態をいいます。不感症の女性は性行為で十分な悦びを感じることができず、性行為自体に非常な苦痛を感じます。性的刺激を感じないので、陰茎の挿入に十分な愛液が分泌されず、痛みを伴うこともあります。男性のED(勃起不全)同様、非常に大きな問題となるのです。しかし、EDとは異なり明らかに障害があることがわからないので、パートナーは、その障害の存在に気付かず、本人も苦痛を言い出せないケースが多々あるようです。

 

バイアグラジェネリックなどのED薬を購入すると無料で増量のチャンス!

キャンペーン

 

■女性用のバイアグラは効果があるの?
シルデナフィルは、血管を広げ、血行をよくする作用があります。女性用のバイアグラを飲んでも同じ作用が得られます。この作用は、膣やクリトリスにも及びます。こうして女性器の血行が良くなると、神経が敏感になり、膣内に潤いが生じます。クリトリスは性的刺激で勃起することが知られていますが、女性用バイアグラの作用で勃起が促進され、より多くの快感が得られるのです。
また、不感症の原因として、ホルモンの乱れなどから、PDE5の分泌量が増えることが考えられています。PDE5は血管が広がるのを妨げる働きがあります。女性器への血行が悪くなることで、不感症はさらに悪化すると考えられています。一方、女性用のバイアグラはこのPDE5の作用を邪魔する働きがあります。ですから、不感症の悪化防止にも効果が期待できるのです。

どんな人が女性用バイアグラを飲めばいいの?

女性用バイアグラに興味が出てきた人はいますか?ここでは、どのような症状の女性がこのバイアグラに向いているのかを見てみましょう。

 

=不感症は多種多様=
不感症には多種多様な症状があり、原因も様々です。一括りにできない障害の1つです。不感症を改善するためには、その原因をきちんと把握して、それぞれに合った改善法を見出す必要があります。
では、不感症にはどのような種類があるのでしょうか。

 

■社会的不感症
性行為に対するトラウマや嫌悪感が原因となっている不感症です。過去に性行為にまつわる嫌な経験があったり、潔癖症で性行為自体が耐え難い行為として認識していたりすると、性行為をしても性的興奮が生じずに、何も感じられない状態となります。男性の心因性EDと同じものです。しかし、男性はEDになると性行為自体が行えなくなるのに対し、女性の場合は不感症であっても男性主導の性行為が強行されることもあります。このような苦痛を伴う行為の積み重ねで、不感症は更に悪化するのです。

 

■オーガズム障害
性行為である程度の快感を得ることはできても、オーガズムに達しないという状態です。男性は射精の瞬間がオーガズムですので、非常にわかりやすいですが、女性には目に見えるような明らかなオーガズムがありません。オーガズムを感じたことがないという女性も大勢います。一方で、マスタベーションのときにはオーガズムを感じても、パートナーとの性行為では感じることができないという人もいます。これも一種のオーガズム障害です。 

 

■興奮障害
心理的な問題がないにも関わらず、性行為での性的な刺激に対して、体が反応しない状態のことをいいます。性的な興奮が得られないと、十分な愛液が分泌されず、結果として痛みを伴う性行為となってしまいます。

不感症には女性用バイアグラ!

このように不感症には様々な症状があります。どれも本人にとっては深刻な問題ですし、パートナーとの関係を悪化させる原因にもなります。また、性行為を全く行えないと、妊娠を望んでも妊娠できる可能性はなくなってしまいます。
ここで、救世主となる媚薬とも言われている医薬薬の一つが女性用バイアグラなのです。女性用バイアグラは女性器の血行をよくする働きがあり、その結果、快感を得るための神経が敏感になり、膣に潤いも与えてくれると言われています。オーガズム障害や興奮障害の改善が期待されますね。また、社会的不感症の場合でも、膣が潤い、敏感になった女性器への愛撫などで心的な興奮が高まり、性行為への嫌悪感が薄れることも考えられます。
このバイアグラは、すべての不感症の女性の味方となってくれることでしょう。

Cenforce-FM 

センフォースFM 69円

Malegra pro 

マレグラプロ 59円

Ladeegra 

レディグラ 80円

Lovegra 

ラブグラ 90円

FORCAN 200mg 

フォルカン 227円

I-PILL 

アイピル 1,586円

女性専用バイアグラの効果とは

女性のバイアグラには一般的に不感症を改善するもの、性器の潤いをアップさせるもの、神経伝達物質を刺激して興奮作用のあるドーパミンを分泌させるものがあります。
不感症を改善するものや性器の潤いをアップさせるものに関しては性器周辺の血流をよくして感度をアップさせたり、潤いをアップさせたりするので男性用のバイアグラと捉え方としてはよく似ています。
神経伝達物質を刺激するものに関しては、女性は男性に比べるとセックスにおいても感情に左右されがちなことに着目したものであり、ドーパミンが分泌されることによって性的興奮が高まるというものです。
女性専用バイアグラには幾つかの商品がありますが主成分はクエン酸シルデナフィルです。
女性がクエン酸シルデナフィルを含む治療薬を飲むと、性器付近の血流が増加します。
その結果、性器周辺の細胞が薬を飲む前より活性化するので、男性に触れられることで神経系統にその刺激がすぐ伝わります。

 

■外陰部や膣がわずかな刺激にも敏感に反応
クエン酸シルデナフィルによる血流改善効果により、女性用バイアグラを飲んだ女性は、わずかな刺激でも性器周辺がとても敏感になります。
そのため、性行為中に外陰部や膣に指や男性器が触れると快感を得やすく、容易に絶頂感に達しやすくなるわけです。

 

■効果は5時間!
効果は約5時間続きます。ですから、極端なロングプレイをしない限りは性行為の途中で効果がなくなってしまうことはないでしょう。また、性行為が終わっても、性的な興奮が起こっていない状態ではクリトリスの勃起などは起こらず、たとえ効果が続いていたとしても性的な過敏状態が続くことはありません。しかし、この効果持続時間には個人差があります。自分に体に合わない過剰な量のバイアグラを飲んでしまうと、効果が強く長く現れることがあります。このような場合には、下着がこすれた刺激だけでも性的興奮が誘発されてしまうこともあるので、適正な用量を守りましょう。

 

■服用は胃が空っぽのときに!
空腹時や食後2時間以上経ってからの服用が勧められています。これは、主成分の吸収を脂肪分によって抑制されてしまうからです。脂っこい食事の後に服用すると、体内への吸収が妨げられ、十分な効果を得ることができなくなってしまいます。
性行為の直前に食事をするような場合には、脂っこい食事を避け、腹7分目程度の量にするとのいでしょう。

 

■1日1回
1日に何度か性行為の機会に恵まれる人もいるでしょう。しかし24時間以上の間隔を空けてから飲まなくてはなりません。1日に何度も飲んでしまうと、前回の薬の効果が完全に消える前にまた新しい薬が吸収されてしまう可能性があり、副作用が強く出ることがあります。質の良いセックスライフのために、乱用は控えましょう。

女性の為のバイアグラの服用方法

女性のバイアグラは1998年に、性的悩みを持っている女性のために承認されました。この薬を飲むことで、性交時に、膣と、外陰に必要な血液を改善し、性交中の快感を間接的に強くします。
不感症や絶頂しにくいなどの悩みを持つ方に効き目があると言われています。薬の色もピンク色をしていて、女性向けに作ってあります。
血流をよくする為の女性のバイアグラは男性用バイアグラと同じ様に必要な時だけ服用します。遅くても1時間以内には効果が現れるのでセックスをする時間などを考慮して、逆算すると服用する時間もわかりやすいでしょう。
持続時間は個人差がありますが5時間前後、食後すぐの服用は控え、バイアグラを服用した時はアルコールは控えましょう。副作用などが気になる人は推奨量よりも少ない量を服用して様子を見るようにしましょう。
また神経伝達物質を刺激する医薬品は効果が現れるまでにかなりの時間を要することが臨床試験でわかっており、毎晩服用して早くても服用開始から4週間程度を要するのです。
一時的な効果を得たいのであれば、やはり血流を良くして感度を上げたり、性器の潤いをアップさせる人気のレディグラ100mg、ラブグラ100mg、センフォースFM100mgを選ぶ方が良いのかもしれません。
※妊娠中の方や18歳未満の方は飲まないようにして下さい。

 

■服用のタイミングが重要
効果が出るのに30分〜1時間かかります。十分な潤いと興奮を感じるために、性行為の1時間前に飲むようにしましょう。男性は性交開始から勃起が完了するまでにタイムラグがありますが、女性の場合は性交開始と同時に膣が潤いを保っていた方がよいものです。ですから、この飲むタタイミングは男性よりも慎重になるべきだといえますね。

女性用バイアグラの副作用

女性のバイアグラは副作用が出やすい薬といわれており、9割以上の人が何かしらの副作用を感じるといわれています。
安全に使用するためには、これらの副作用に対して正しい知識を持つ必要があります。

 

■血管が広がることによる副作用
このバイアグラの本質は、血管を広げて血流をよくすることでしたね。この作用は陰茎や女性器だけに起こるものではなく、全身の血管に起こります。この結果、体のいたるところで血管が広がったことによる副作用が生じます。多くの人が感じる副作用としては、頭痛、めまい、顔のほてり、消化不良、鼻づまり、胃のむかつきなどが挙げられます。これらは薬効がなくなると徐々に消えていく副作用ですので大きな問題はないでしょう。しかし、頭痛によって性行為に集中できないという人もいます。この頭痛は、一般的な鎮痛剤で改善できます。が、女性のバイアグラは空腹時に飲むことが推奨されているものの、鎮痛剤の多くは空腹時に服用すると胃腸にダメージを与えることがあります。副作用対策で鎮痛剤を併用するときには、軽い食事と一緒に服用するなどの対策を取るとよいでしょう。

 

■副作用が強くなることがある?
狭心症などに使われる硝酸剤や不整脈に使われるアンカロンなどと一緒に飲むと、血管を広げる働きが大幅に増強することが知られています。この結果、通常では起こらないような急激な血圧低下が引き起こされ、重大な健康被害を受けることがあります。実際に日本でも、死亡例が確認されています。
現在、女性用バイアグラは日本では販売していませんので、個人輸入に頼るしかありません。常用薬のある方は、バイアグラと併用してもいいものなのかをしっかり確かめましょう。自分でよくわからないという場合は、医師や薬剤師に相談してみるとよいでしょう。

シルデナフィル

女性用

早漏防止

タダラフィル

ピル

育毛

バルデナフィル 

ステンドラ

セット


バイアグラ系 シアリス系 レビトラ系 ステンドラ系 女性・性欲促進 育毛・発毛系